バッチフラワーレメディとは?

「バッチフラワーレメディ」は、1930年代に英国の医師エドワード・バッチ博士によって開発された、心や感情のバランスを取り戻すための自然療法です。 38種のバッチフラワーレメディの指標にある「ネガティブな状態」の中から、今の自分の心や感情の状態に当てはまるものを1~7種類まで選び、必要量を 飲むことで内面に調和がもたらされることが期待できます。
心や感情のバランスを保つことが、身体の健康へも繋がると考えたバッチ博士が発見したこのシステムは、70年以上もの間、世界中で活用されています。 赤ちゃんからお年寄りまで安心して使用することができ、動物や植物にも利用できるバッチフラワーレメディは、長年の実績で裏付けられた優れた癒しの システムとして、現在では60ヶ国以上の国々で医師や看護師、獣医などにも使用されています。

また、5種類のレメディがミックスされている緊急時用の「レスキューレメディ」は、緊張時や強いショック状態の時などに使え、英国王室、芸能人やモデルなど、人前に立つ事の多い方々にも愛用されています。

バッチフラワーレメディは、今感じている「感情」に対して選んでいきます。
飲んでどのように感じるか、どのように変化がでてくるかは個々のヒーリングプロセスにより多様ですが、安定剤や抗鬱剤のような働き方ではなく、 レメディは私たちのネガティブな「感情」に対して、バランスを取り戻すために穏やかに働きかけます。
表層に表れていたネガティブな感情が取り払われることで、その下に書隠れていた 別の感情を新たに感じることもあります。私たちの感情はタマネギの層のような状態で、新たな層が現れたらその新しい状態に対し、レメディの組み合わせを変えて選んでいきます。 この皮むきの効果は緩やかで、通常何枚もの層を1度にはがされることはありません。表層に表れている「感情」を見つめ選んでいくというのは玉ねぎの皮むきのプロセスを重要だと考えているからです。

バッチフラワーレメディは38種類のレメディとレスキューレメディで最大6~7種類までを組み合わせると、約1500万通り以上もの感情に対応することができ、バッチ博士はこのシステムが全ての感情をカバーできると言っています。
バッチフラワーは感情に働きかけるので、体の病気や症状に対してレメディを選ぶことはありませんが、「病は気から」という言葉が表すように、ストレスが軽減されたり、心が元気を取り戻すことによって、自然と体調や症状にも変化が起こる例が沢山あります。

●よくあるご質問
・バッチフラワーで病気が治りますか? → Q&A
・どうして今感じている感情に対して選ぶのですか? → Q&A
・「こうなりたい」と思うポジティブな指標から選んではいけませんか? →Q&A

しばらく同じ種類のレメディを飲む時に、トリートメントボトルを作ると便利で経済的です。
トリートメントボトルの効果はストックボトル(販売している10ml or 20mlのバッチフラワーレメディ)と変わりません。決まった量を守り希釈し作ってください。 
※希釈したレメディの使用については、英国バッチセンターのガイドラインに準拠して伝えています。(→トリートメントボトルの取り扱いについて


(1)30mlのスポイト付遮光ボトルに、ミネラルウォーターを入れます。

(2)夏場など保存が心配な場合は冷蔵庫に保存したり、茶さじ一杯のブランデー(または蒸留酒)を加えます。

(3)選んだバッチフラワーを、38種類の各ストックボトルから2滴ずつ(レスキューレメディの場合は4滴)ボトルに入れます。1日4回4滴ずつ間隔をあけてボトルから口に直接垂らして飲んだり、飲み物に入れて飲みます。(歯や舌にスポイトの先がつかぬよう気をつけましょう。) トリートメントボトルは早めに飲み終えるようにしましょう。


1回の量を増やしても害はありませんが、効果があがるわけでもありません。その代わりに、何となく自分が飲みたくなったり、必要を感じているときには、頻繁に飲むと良いでしょう。バッチフラワーはあなた自身の自然なプロセスをスムーズに歩むことを助けてくれるでしょう。

感情の層(玉ねぎ)の皮むき

トリートメントボトル

バッチ博士の言葉(『なんじ自身を癒せ』より引用)

傲慢さ、残酷さ、憎しみ、自己愛、無知、不安定な心、そして強欲のような欠点が、人間のほんとうの病気です。そしてよく考えれば、これらの欠点はそれぞれ「ユニティ」に反していることがわかります。このような欠点が真の病気なのであり、それは悪いことだと理解できるところまで私たちがもう進歩してきているのに、なおもその欠点をかたくなに持ち続けていると、身体のなかに病気として知られる有害な結果が引き起こされるのです。

バッチフラワーレメディを表層にある感情から選ぶ理由

心の安定が、健康や幸福と深く結びついており、それは自分が自分に向き合うことによってのみ得られるものである、というバッチ博士の人生観や人間観によるもの、そしてそれを実践するには、本人が認識できる問題(表層)をしっかり確認、把握し、それに対しレメディの指標を照合させてゆくという方法をとることになります。

Copyright(c) バッチホリスティック研究会 All Rights Reserved. 

本ウェブサイトの画像を含む全てのコンテンツの著作権は、当研究会または著作者その他の権利者に帰属します。許可なく転載、複製等することは禁止されています。