バッチホリスティック研究会公認

『バッチフラワー アンバサダー』として
バッチフラワーを紹介してみませんか?

​バッチフラワーアンバサダーの全国リストはページ下部をご覧ください。

この数年、自然療法や代替療法などに興味を持ち、日常生活や美容、アレルギー対策、闘病などに取り入れる方が日本でも増えています。

「バッチフラワー」や「フラワーエッセンス」も、聞いたことがある、という方やその存在を知っているという方も益々増えていますが、実際に使ったことはまだ無いという方や、どんなふうに使えるのかを具体的に知りたい、という方も沢山いらっしゃるでしょう。

この癒しのシステムが、どんなふうに生活の中で役立つのか、どんな状態の人、どんな場面で使えるものなのか、またバッチフラワーを選ぶ過程で、すでに癒しのプロセスが始まっているという事を1時間程度の紹介セミナーで、正しく、わかりやすく紹介することができる人を育成するプログラムを新たに始めることにしました。

バッチフラワーの”癒しのちから”を伝えていくという役割を担ってください。

​バッチ国際教育プログラム(BIEP)のレベル2を修了した方で、このセミナーを受講した方は、バッチホリスティック研究会公認の「バッチフラワーアンバサダー」として、1時間の紹介セミナー『バッチフラワーの癒しのちから』で、バッチフラワーレメディについて広く知らせていくことができます。

ご自宅や貸しスペースなど、場所や時間を自由に設定し、最少1名から10名以上の大規模なイベントまで、幅広く設定可能です。

 

※この紹介セミナーは、バッチホリスティック研究会が用意したカリキュラムにそって、バッチフラワーがどんなものかを紹介する内容で、これまでバッチフラワーを使った事が無い方もどのように役立てられるかを知っていただくための内容ですので、バッチフラワーレメディについて1つずつ詳しく解説したり、相談に乗る内容ではありません。

※この紹介セミナーは、BIEP(バッチ国際教育プログラム)を元に設定、開講する内容ですので、紹介セミナーでネルソン社のレメディを見本として使用し、説明についても同様にネルソン社製のバッチフラワーレメディを使用して行う内容となっています。この紹介セミナーは、初心者を対象としていますので、混乱を避けるためにも他社のエッセンスやセミナーを紹介、推奨するものではない事をご納得の上でのご受講をお願いいたします。

『バッチフラワーの癒しのちから』

​を開講するための

バッチフラワーアンバサダー認定講座

開催日

【東京】バッチホリスティック研究会(東京都世田谷区弦巻3丁目12-5ヴィラさくら401号室)

2019年11月19日(火)11:00~15:00(昼食休憩有)

【大阪】わくらくセミナールーム(大阪市西区北堀江1-22-25 プレジール北堀江5階)

2020年 1月26日(日)11:00~15:00(昼食休憩有)

対象者 バッチ国際教育プログラム(BIEP)レベル2修了以上、本セミナーはBIEPと同じく、英国ネルソン社のバッチフラワーレメディを使用します。

​※レベル3へ進んでいない方で、レベル2を2014年以前に受講した方は、レメディの知識や理解についてやバッチセンターから出ている情報などが古い場合がありますので、事前または当日に確認させていただき、場合によっては追加の講座受講などを経た後、アンバサダーとしての活動を開始していただく場合がございます

講師  林 サオダ(バッチホリスティック研究会代表理事、BIEPコーディネーター・認定講師)

受講料 32,000円

受講後はバッチフラワーアンバサダーとして、BHKのウェブサイトに氏名掲載可能、セミナーで教材として使用するカラーリーフレットの割引購入

【講座内容】

(1)紹介セミナー「バッチフラワーの癒しのちから」の開催目的の確認

(2)セミナーの進め方

(3)「感情を見つめる」というバッチフラワーの癒しのシステムについての伝え方

(4)飲み方、使い方の説明について・注意事項

(5)数種類のバッチフラワーレメディを取りあげ、その感情と事例についての説明、デモンストレーション

(6)(5)で取り上げたレメディ以外のレメディについて。

(7)参加者からの質問を想定しての対応など

(8)まとめ、質疑応答​

バッチホリスティック研究会公認

『バッチフラワー アンバサダー』リスト

バッチフラワーの紹介セミナー「バッチフラワーの癒しのちから」を開催することができる

BHK公認の全国のバッチフラワーアンバサダーのリストです。

Copyright(c) バッチホリスティック研究会 All Rights Reserved. 

本ウェブサイトの画像を含む全てのコンテンツの著作権は、当研究会または著作者その他の権利者に帰属します。許可なく転載、複製等することは禁止されています。